「教育」漬けの1日

タイトル通り、昨日は教育をきっかけにいろいろ勉強できた1日でした。

はじめに時系列で紹介していくと、、

  • 15:00〜17:00 D×Pのプログラム参加者用説明会
  • 17:00〜18:30 説明会に一緒に参加されてた方とお話
  • 19:00〜22:00 大阪熟議プレ交流会

といった感じで、なかなか充実した1日w

15時から、最近いろいろ関わらせて頂いている教育系NPO「D×P」のプログラム参加者用説明会に行ってきました。

D×Pでは、「クレッシェンド」というプログラムを主に通信制高校に向けて行っています。
※「D×P」のことや「クレッシェンド」ってなんのこと?って方はこちら

クレッシェンドの内容や、それを受けた生徒の反応は以前から聞いていて、良いものなんだろうなぁとは思っていますが、なにぶん自分自身が体験していないので正直なところ半信半疑な部分もあるように思います。
だから、次年度のクレッシェンドにコンポーザー(高校生に1年間継続で関わる学生や社会人)として参加したいと思っています。そして、「今の高校生の現実やニーズ」、「D×Pの事業内容」、「今(これから)の教育に求められていること」等を、自分の体験でもって言えるようになったら収穫かなと思います。
(さらに…)

大阪の教育格差は確かに存在する。

昨日10日、教育NPO「Dream × Possibility(※1)」が主催された公開型勉強会に参加してきました!

テーマは「教育格差の問題をどう解決するのか」でした。自分の中では「教育格差」という言葉自体、今まであまり気にかけてこなかったし、耳にする機会もありませんでした。教育の実態・現実を知るために参加しました。

ゲストスピーカーとして2名来られていました。

・大阪府立大学等 非常勤講師であり、大阪府内の学校(小中高、夜間中学)や地域の諸施設(識字・日本語教室、青少年センター等)を対象として、フィールドワークおよびボランティア活動をされてる、棚田洋平さん。これまで数々の現場経験がおありで、棚田さんのお話されることにはすごい説得力があります。

Teach For Japan(※2) 学習支援事業本部長の安原健朗さん。アメリカのニューヨーク州に本部を置く教育NPO「Teach For America」のプログラムを日本に展開しようとされているとても熱く・そして笑顔の素敵な方です。

(さらに…)