関電から「季時別電灯PS」の申込案内が来たよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは!mati6166です。

今日、帰宅したら関電から封書が来てました。

「ちゃんと電気代払ってますけど?」と思いながら中を見てみると、どうやら「季時別電灯PS」なる新しい料金メニューの案内らしいのです。

【「季時別電灯PS」とは?】

第一印象、「PSて何?」ていうツッコミが入りましたが、どうやら「ピークシフト(Peak Shift)」の略のようです。

今年、関西は電力状況がだいぶピンチなので、去年より節電気運が高まるのでしょう。関電としても、一般家庭での節電を心がけてほしいとのことで立ち上げた料金体系なのでしょうね。

【電気料金が安くなると歌ってはいるけど…】


試算事例が載っていて、使用状況次第では電気料金が安くなるとは書いてあるけれど、正直自分の今の使い方で本当にトクなのかは分かりません。

判断に迷ったらとりあえず調べる!自分の主観では判断しない!大事です。

※リンク(2013/11/29現在 該当記事なし)
関西電力、新料金メニュー「季時別電灯PS」届け出、ピーク時間帯は1kWhで52.82円:資源・エネルギー:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-
「夜間にシフトしない限り高くなる」とな…

最も高いピーク時間帯は1kWhで52.82円と、従来のほぼ2倍となる。

これはインパクト大ですね。いかにピークじゃない時間が安いと言えども、2倍になったら結果的に損しそうです。

※リンク(2013/11/29現在 該当記事なし)
裏目日誌 季時別電灯PS そんなにうまい話はない
ま、確かにそうだよねー。


ピーク時間(13時~16時)と夜間時間(23時~翌7時)以外が
オフピーク時間(ピーク時間を除く7時~23時 )となるのですが、
どうもこの時間もやや高くなるようなんですね。
あと基本料金も高くなります。

これは普段の料金体系が分かってないと見落としそうなポイントですよね!安さに目がいって、基本料金の高さが見えなくなったら結果的に損になりそうな。
ま、もちろん損にさせる目的で関電も料金体系設定してないでしょうけどね。。

【結果、今回の申込は見送り!】

完全に安くなるとも限らないし、完全に損するとも限らない。
なんとも言えない状況だと判断し、今回は見送りました!

関電から電気供給されてる他の世帯の方、どうされます??

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2012/05/30/kanden-kizibetu-ps/trackback/