【Timbuk2】慣れないうちはナポレオンポケットに財布を入れるべきではないたったひとつの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

A0001 011474

こんにちは!絶望に打ちひしがれていたmati6166です。。

自分の不注意で招いた事態なんですが、本当にアホの極みでございます。穴があったら入りたぃーー

【何をしでかしたのか!?】

ものすごくコンパクトに言えば、

「財布忘れたと思ったら忘れてなかった」

これだけでも充分ヒドいわけですが、それによって予約していたカットの予定を変更してしまったという、
最早ネタにするしかない事態に陥ったのであります。

【前提】ナポレオンポケットとは?

今回の主役であるナポレオンポケットとはこのポケットのことです。

DSC 0115
バッグを開けたら真っ先に目がいくこのポケットのこと。
なにが便利かって、

DSC 0116
ここが開いていて、バッグを閉じている状態でもモノの出し入れができるという優れものなんですね!
財布やキーケースなど、よく使うツールをここに入れておくと便利なんですな!

ということで私も例に漏れず、ここに財布を入れていた訳でありんすよ。。

【ことの経緯】

私には大学1回生の時からずっと通っている美容室があります。

「いつもの感じで」と言うだけで、望んでいるヘアースタイルにしてくれるので、社会人になって若干遠くなった今でもそこに通っています。

先日、いつものように電車にゆられ、最寄り駅に着いたは良いのですがここで財布が見つからないという、今となっては「それ単純に見落としなだけやから…」という状態になりました。
※行きの改札で切符を買ってるなり、ICOCA使うなりしてたら「忘れた」なんて思考にならなくて済んだと思うのですが、不運にも美容室の最寄り駅は、通勤の線の延長線だったのです。
定期券で入って、出る時はのりこし運賃払えばええわと思っていました。当然、定期は定期いれに。
財布の存在を意識する機会がありませんでした。(それでも気づけ!と今は言いたい)

「ない!?嘘やろ!?そんなことってある!?」
予約までの時間が迫っているのも手伝って私の思考回路はひと息落ち着く余裕をなくしていました。

そして泣く泣く美容室の方に「すいません、、最寄り駅まで着いてるんですけど、、その、財布を忘れてきてしまったみたいでー、、」と事情を説明しました。幸い次の日が空いてるとの事で、その日に変更してもらい、失意のままとんぼ返りをすることになりました。。

【なんやねん、あるやないか!?】

「うわー、ホンマないわぁー。こんなこと今まであったっけー」

「前もこんな感じの時あったけど、その時は思い出して、もしこれで財布忘れたとかいう事態になったら最早ネタでしかないな!ハハッ!とか思ってたけど、これ今まさにネタやん。壮大な体を張ったネタやん。。」

とか、一通り自分を蔑みながらバッグに手をおいていると、なにか慣れ親しんだ感触が。。

そしてナポレオンポケットを開くと、、

DSC 0103
(やぁ!やっと気づいたんだね!)

とんぼ返りしてからわずか10分後、ちゃんとオチがつきましたw

その時のTwitterの私のタイムラインはこんな感じ。


これはネタにしなきゃやってられない\(^o^)/

【結論】慣れないうちはナポレオンポケットには、、

DSC 0102
お茶を入れましょう!

暑いしね。水分補給大事だしね。

そして暑さも和らいだときは、もうナポレオンポケットの存在も馴染んでいる事でしょう。

私のようにTimbuk2のバッグにまだ慣れていない方はお気をつけ下さいまし!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2012/07/28/timbuk2-napoleon-pocket/trackback/