【D×P】中期事業報告会でちょっとお話させて頂きました

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!mati6166です。

今日の午後、クレオ大阪北で、毎月関わらせてもらっているNPO法人D×Pさんの中期事業報告会があったので参加してきました。

今回はD×Pの年間プログラム「クレッシェンド」に参加しているコンポーザーとして、本報告会参加者の皆様の前で少しお話させて頂きました。

《関連記事》
【D×P】迷い・葛藤はだれでもあるもの
【D×P】他人の失敗体験談を聞いて、人は何を感じるのだろう?
【D×P】緊張・発見・驚き
【D×P】新しいスタートはワクワクさんです!

設立までのストーリーや今年度のプログラムの報告等、もりだくさんの約2時間

D×P設立までのストーリーの紹介から、年間プログラム「クレッシェンド」の説明、今期の活動報告等、内容盛りだくさんの会でした。

その中で、コンポーザーとしてプログラムの体験談をお話させて頂きました。

「参加した理由」「これまで高校生に話した内容」「参加してみての感想」の3点に絞ってお話させて頂きました。

普段一緒に活動させてもらっているコンポーザーの方含め、約20名弱の前でお話させて頂きました。
こういう機会がなかなか無いにもあって、最後の方で何を話すか飛んでしまうという失態を犯してしまいました。。
とは言いながらも、これまでの4回のプログラムを経験した者としての正直な心境をお伝えできたのではないかなと思います。

今回、このような機会を頂けたことに恐縮しながらも感謝しております!

有意義だった、会終了後の意見交換会

会終了後、会場が17:00まで使えるというのもあって、そこでスタッフの方と報告会に参加していたコンポーザーさん、今回参加してくださった方の計15名弱で意見交換の場を設けて頂きました。
今回の報告会の感想・反省から始まって、普段のクレッシェンドの話までいろいろ認識合わせすることができました。

クレッシェンド中は、午前午後と立て続けにプログラムを行うスケジュール上、スタッフの方となかなかゆっくり意見交換をすることができないので、とても貴重な時間だったなと思います。

私がD×Pと関わりたいと思う2つの理由


今回、スタッフの方とお話させて頂く中で、「なぜ自分はD×Pに関わりたいのか」という自分の気持ちを改めて認識し直すことができたかなと思います。(普段は、なかなか意識することは無いので)

それは「手作り感」と「真摯な姿勢」の2つです。

手作り感」というのは、決して運営が未熟だとかそういった意味ではなく(むしろそんなこと言える立場でもなければ、言う気もない)少しでも良いものにしていきたい、その為のトライアンドエラーを重ねていっているのを感じるということです。

お話していく中で「D×Pに関わる人にとって何がベターかベストか」を常に考えた上で行動していっているんだなということを感じました。

そして「真摯な姿勢」ということですが、今回とても好感をもてたのが、共同代表の朴さんの「資料の訂正依頼がたくさん来た時、もうこんなん辞めたるわ!って思いませんか?」という言葉です。

プログラムの中で、プレゼン資料が必要な場合、コンポーザーは事前に資料を作ります。
作った資料をスタッフの方に提出し、適宜、資料の訂正依頼を受けます。
そういったプロセスを経て本番に臨むという流れがあります。
※「資料作成のタスクが発生する」という話は、コンポーザー説明会の時点で受けています。

「無償で参加してもらっている、普段は自分の勉強・仕事がある中で時間を割いて参加してもらっている、その中で資料作成もお願いしている。
そんな状況において、仮に資料の訂正依頼をたくさん受けた場合、こんなん辞めたるわ!とは思いませんか?我々はそういうことがないだろうか懸念しているんです。」というのが朴さんの思いでした。

私としては、上記のことを全て理解した上で参加しているつもりなので、今まで「こんなん辞めたるわ!」とは思ったことがないのですが、何が嬉しかったかというと「私たちは、それが当たり前だとは思ってないんですよ」という姿勢が感じられたことです。

確かに、当然と思って参加していても、スタッフの方がそれを当たり前と感じ、他の部分でコンポーザーにぞんざいな扱いを仮にした場合(※)、いくら承知しているとはいえ「おいおいちょっと待てよ、それは違うんちゃう!?」といった反感は感じるだろうなとは思います。
(※)あくまでも「仮」で、スタッフの方は普段から本当に丁寧に対応してくださっています。本当に信頼できる方々ばかりです。

決して丁重にもてなして欲しいわけではありません。一緒につくりあげていきたいと思っています。

会話の中からその真摯な姿勢を垣間みることができて嬉しかったです。

【最後に】後半のプログラムも真摯に!

来月からまたクレッシェンドが行われます。

また心機一転、ひとつひとつの会に真摯に取り組んでいきたいと思いました!

高校生・スタッフの方・コンポーザーの方と共に成長していきたいと思います。

Posted from するぷろ for iPhone.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2012/08/26/dp-middle-briefing-session/trackback/