【iPhone5】予約対応から見えるSoftbankとauの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

Slice 1

こんにちは!mati6166です。

昨日の16:00からiPhone5の予約受付が始まりましたね!!

Twitterを観察したところ、表参道、秋葉原等、都内各所はお祭り状態だったみたい。

かく言う私も、仕事終わりに予約しに行ってきました!

最寄りのショップに行ったらなんとSoftbankとauがほぼ隣にあったので、そこでどちらともで予約!

その中で、両者の違いがいろいろあったので、まとめてみました。

【違い①:お客さんの入り】

SoftBankさんです。


仕事後だから大体18時前だったと思うけど、こんな感じ。

結構並んでましたね。関東や梅田のヨドバシ程ではないけど。

外に並んでいたのは大体15,16人くらいでしょうか。

一方auさんはというと、、、、

なんてこったこのガラーン感。

本当にiPhone5売るんですよね!?と疑いたくなる人のなさ。。

これだけを見ると、なんかSoftBankの方が良いんじゃないかと感じてしまうのも無理ないですね。

【違いその②:力の入れ具合(演出)】

これは①の原因とも言えるかもしれません。

SoftBankさんの力の入れようたるや半端じゃない!

店の入り口上部には「大量入荷」「受付中」と広告を貼っているので、遠目から見ても「iPhone5の予約盛り上がっているんだなぁ」と感じさせることができます。

後、写真ではなかなか分かりにくいかもしれませんが、お店自体が道沿いにはあるものの少し奥に構えているのです。(= 手前にスペースがある)
よって今回みたいな行列になっても通行中の人に迷惑をかけずにお客さんを並ばせることができていました。

「新作のiPhoneやiPadが発売される時期には必ず行列ができるから、それに備えた形にしよう」

とお店の建築段階から想定していたのかもしれませんね!
さすがSoftBank!

一方、auさんは、、
上の写真にある通り、通常営業。あくまでも通常営業。落ち着きっぷりが半端ない!

auはiPhoneに限らず、AndroidやWindowsPhoneも扱っているので、iPhoneの新作が出ようが、他の端末と同等に扱うということなんでしょうか。
その意味では実にバランスの取れたauさんです。

確かに、昨日の時点でのSoftBankではiPhone5の予約ではないお客さんはちょっと入りづらかったかもしれませんね。。

【違いその③:予約特典の有無】

最後に予約特典があるかないか。

SoftBankさんではこんなクッションをもらいました。

一方、auさんは特になし。

ま、クッションもらったからってSoftBankにするとは限りませんし、実際これ部屋に飾る?となると正直微妙です。

ま、それだけ力が入っているということの現れでしょう。

【まとめ:本当の勝負は中身!】

予約対応の状況からすると、「お客さんの数」「雰囲気」「力の入れよう」はauよりSoftBankが勝っていると感じました。

ただ、本当の勝負は中身ですよね!「機能」しかり「料金」しかり。

SoftBankは既存iPhoneユーザーの端末下取りサービスや通信料金のキャンペーン割りを打ち出しました。

一方、auはテザリングを解放しました。今回は割引等のサービスも負けていません。

まだまだ予約合戦は続くと思いますが、実際の販売台数はどうなるのか!?気になる所です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード