週次キュレーション(12/17〜12/23)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!mati6166です!

只今、帰省中の在来線特急の中でこの記事を書いております!

いつも記事を書くのは家なので、初の外、しかも電車の中での更新ということで、かなり良い経験をしてます。
てか、席の荷物置き場にPC置いて作業するの、めっちゃちょうど良い高さなんですけど…!!
これは作業がすすむススム!

ということで、先週末のキュレーションをうっかり忘れてしまっていたので、ガリガリ書いていきたいと思います。

日本でこの環境が実現するのは何年、何十年になるのでしょうか!?

生徒の学力が向上する「学校デザイン」って?  | World Biz News | 現代ビジネス [講談社]

 学校は、地域社会にも大きな影響を与えた。放課後には大人たちが集まるようになり、生涯学習や社会活動が活発化したのだ。美しい景観に惹かれて、近くに転居してくる人までいる。

 職場環境がよければ、優秀な教師も集まる。教師も生徒も自分の学校を誇りに思い、ここにいたいと思う——そんな環境が、学力向上に繫がるのだろう。

先生が教壇に立って生徒に一方向性の授業を提供する、従来の教育に疑問を呈する形で、グループ学習を主体にして、生徒の自主性を伸ばすアウトプット中心の授業をフィンランドが始めたのが3年前だとのこと。

実際に、成果も出るようになって、今では、引用文のように地域のあり方にも良い影響を及ぼしているとのことでなんとも素晴らしいことです。

しかし、成果だけに着目して「日本でも早くやれ!」というのはちょっと違いますよね。

私も詳しくは知りませんが、フィンランドが上の引用文のように、地域をも巻き込んだ新しい教育を展開することができたのは、クリティカルシンキングをしながらも、「どうしたら実現できるのか」いろんなステークホルダーが前向きに考え、実践していった成果の賜物だと思います。

日本でもこのような議論が盛り上がる機運が高まればいいのですが、その前には現行の「学力偏重主義」からの脱却を考えていかなければならないと思います。

※もちろん、「学力がどうでもいい」と言いたい訳ではありません。
学力を重視しつつもグループワーク時のパフォーマンスを評価してあげたり、プレゼンテーション能力を評価してあげたりと、点数には表れない子どもの力を評価することも併せて重要だと思っています。
今の教育には、評価軸が「テストの点数」しかないから難しいですね。。
本当に教育は難しい。。

地元が盛り上がっているのを見聞きするのはやっぱり嬉しい!

それぞれの得意分野を持ち寄って、気負わず緩やかに。福井発のコミュニティ「FLATプロジェクト」 « greenz.jp

非営利の活動は、それをどう継続していくかが大きな課題。今回のイベントのように行政の支援を受けることは、その打開策のひとつになります。また長期的に見ると、FLATの面々のように、自分の持てる能力やリソースを出し合って無理なく取り組める、本業と非営利の活動がリンクしていることもカギになるのでしょう。

関わる人が増え、笑顔が増え。「最近、福井でのFLATの役割を実感するようになりました」と藤田さん。今後もますます、このフラットで温かいコミュニティは豊かになっていきそうです。

私の地元、福井県の秋の食材を使った料理と、農家や工芸家の方々のトークといった内容で盛り上がったイベントが11月中旬に東京・六本木農園という所で行われたそうです。

これは県が展開する「ふくい若者チャレンジ応援プロジェクト」の採択事業のひとつだそうです。

こういった、主催者と参加者で新しいイベントや交流が生まれるようなプラットフォームというのは、東京や大阪といった都心で行われるものだと思っていた私でしたが、地方の、しかも地元の福井から起こっていることに驚きました!それと共に主催者の方への尊敬の念をおくりたいと思います!
いやー、福井すげぇな!
※お盆と正月ぐらいしか戻らない、裏切り者の私ですが、それでもこういうニュースを知るとやっぱ嬉しくなりますね!

やれることは限られている!やりたくないことはやらん!…できるだけ。。

来年こそダメ人間を卒業したい人は「やらないことリスト」を作るべし : ライフハッカー[日本版]

自分に「ノー」と言い聞かせられない人も、他人に「ノー」と言えない人も、「やらないことリスト」がより良い決断をするための基準となります。誰かを助けた方がいいのか、仕事を見つけた方がいいのか、それともおいしいご飯を食べるべきか? 自分だけのリストを作れば、自ずと答えが分かります。

きたる来年、私にはやりたいこと・実現したいことがあるのふぇす!(気合いが空回った。。)

これは、私の中では近年稀に見る現象。
そのためには、目標達成のためにも「やらないことを意識する」ことは結構重要やと思っています。
そりゃ何でもノーと言う訳には行きませんが、自分の目標に常に優先順位を置いて来年を過ごすことができるよう、頑張っていきたいと思います!

 

さて、次回の週次キュレーションはぎりぎり年内!
きっちり振り返って、新年を迎えたいと思います!

それでは今回はこの辺でー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2012/12/28/curation-1217-1223-2012/trackback/