【あるある】年を重ねる程に箱根駅伝に見入ってしまう3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 01 04 21 31 58

引用:http://blog.tvjapan.net/2008/12/post-42.html

 

おはようございます!mati6166です。

正月明けといったら、そう箱根駅伝ですね!

今年は日体大が30年ぶりの総合優勝で幕を閉じました!

我が家では、毎年欠かさず見る定番なのですが、年を重ねる程に見入ってしまう自分に気づきました。

大学入りたての頃までは、「正月早々、なんでこんなめちゃくちゃ寒い所で走るんだろう??」と、どちらかというと冷めた目で観戦していたのに何故か?

その理由を3つにまとめてみました!

① 各大学の作戦

箱根駅伝には学連選抜含めた20校が出場しています。20校あれば20校ごとの作戦があります。

最近になって、「花の二区」や「山登りの五区」とったような、各区毎の特徴があることを知りました。
各校、その区に適した選手を送り込んで作戦を練っています。

例えば、あの”山の神”と言われていた柏原選手(今は富士通の選手)を擁していた頃の東洋大学は、往路では、山登りの5区で柏原選手にいかに優位にタスキを繋ぐか、復路では、往路で得たアドバンテージをいかに維持していくかを計画されていたと思います。
※完全な主観なので、間違っているとは思いますが。。

また、日大や山梨学院大などは「花の二区」に留学生を置くことが多いらしく、今年の大会も、日大はベンジャミン選手、山梨学院大はオムワンバ選手を配置、10人抜き等の驚異的な追い上げを見せていました。

そんな各校の作戦をあれこれ想像しながら観戦するのは面白いです!

 

Wikipediaに箱根駅伝の各区の特徴を分かりやすくまとめられています!

② 自分もマラソンをするようになったから

去年の9月頃からランニングを始めました。

去年の11月に初めて10kmマラソン大会に参加しました。
【大会デビュー】写真で振り返る、西宮国際ハーフマラソン

そうやって、ランニングやマラソンが自分の中で距離が近くなったことによって、共感する部分が増えました!

8km付近 … 「まだまだ余裕なのかな。オレはもう結構しんどいなぁ」
20km付近 … 「うわー、そらしんどいよなー」
急な上り坂 … 「これはきっついな!よく止まらず走れるなー」
1km3分台でのペース … 「速っっっっや!!!!」

どれもこれも、自分も走るようになってから感じることのできることです。

 

※また、箱根にも旅行でですが行ったことがあるので、あの山道の傾斜やヘヤピンカーブの急さも実感として感じることができるのが大きいですね。

③ 1つのものに数年間を注ぐ経験の美しさ

これがすごく大きい理由だなぁと思います。

選手の方々は、この日を目標にして、夏の暑い日も、冬の寒い日も、雨の日も、雪が舞う日も、ひたすらトレーニングしてきたと思います。

レギュラー争い。箱根以外でのレースの結果。チーム運営。それぞれの選手がいろんな想いを抱えて当日に臨んでいます。

各選手のエピソードを実況するアナウンサーが紹介します。
それに本当に心が動かされます。

アクシデントによって棄権をせざるを得なかった選手。
制限時間にひっかかって、タスキを繋ぐことができなかった選手。
彼らの無念な気持ちは、見てるこちらの胸を締め付けます。

タスキリレーの際、思い通りのレースができて、とても充実した顔をしながら次のランナーへタスキを渡す選手。
彼らの清々しい気持ちは、見てるこちらの気持ちも清々しくしてくれます。

「1つの目標に向かってみんなで頑張る素晴らしさ」
「1つのものに何十時間もの濃い時間を注ぐことができることの素晴らしさ」

これらを経験できた選手のみなさんを、本当に正直羨ましいと思います。

上記のことは、もちろん社会人になっても経験できることかと思いますが、学生の時だからこそ感じることもあると思うので、選手のみなさんは本当にとても良い経験をされているなぁと思います!

駅伝、おもろいよ!

Small 4146016291

photo credit: kaneda99 via photopin cc

そんなこんなで、箱根駅伝を見入ってしまう理由を3つにまとめました!

「箱根駅伝なんて興味ないよ」って方、来年の箱根は上記の部分に注目して見てみませんか??

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード