週次キュレーション(2012/12/31〜2013/1/6)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!mati6166です。

今年最初の週次キュレーションです!

今日から仕事始めの人多いんじゃないでしょうか?

私も今日から仕事始めでした!
職場に着くまでは、休みの日を惜しみながらどことなく足が重かったのですが、帰り際には通常運転に戻りました!

徐々に仕事モードに戻して行きましょうね!
ではキュレーションしていきます!

結構あるあるなので要チェック!

不幸な人生をおくる10の方法(松井博) – BLOGOS(ブロゴス)

問題を乗り越える方法は色々ありうるでしょう。自分自身が成長する/助けを求める/解決方法を学習する/問題をひとつずつ処理する/大きな問題は小さな問題に分解して攻略する……などなど。

問題を必要以上に大きなものとして捉えないことが大きな鍵なのかもしれません。

上の引用は、10の方法のひとつ「5.抱えている問題に押しつぶされてしまう」の一部です。
私は昔から問題を抱え込んで、終いにはそれに押しつぶされてしまうタイプなので、気をつけなくてはなりません。。

その他の「不幸な人生のおくり方」も、ついついやってしまっている部分があるので、気をつけなきゃなと思います!

教育にもパラダイムシフトが起こっているんです!

伊藤穰一:学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」 « WIRED.jp

(略)…かつての社会システムでは、子どものときだけ学んで、学び終わったら大人になり、同じ仕事を繰り返しながらもっているものを守り、子どもをつくるというのが人の一生のモデルでしたが、いまは学び続けなければ死んでしまいます。

MITメディアラボ所長を務める伊藤穰一さんの、教育に対する考え方の記事です。
決められた計画にそって学習するのではなく、「〜を作りたい」「〜についてもっと知りたい」といった学習者の意欲・関心をベースに学びを深めていくことの重要性を仰っています。

強いられる「勉強」も、ある発達段階においては大事ですが、その後の生涯学習において一番大切なのは、興味や意欲なのかもしれませんね!

どんな素晴らしい目標でも、達成できなかったら意味がない!小さな目標からコツコツと。

効果が出やすい新年の目標の立て方 – 脱社畜ブログ

もっとも、僕の感覚では、上の例の目標値70%では、バッファは十分ではないように思える。元旦は、言ってみれば一年の中で一番やる気が高まっている日であり、このような時に立てた目標は、どうしても高めになる。そこで、目標を立てたら黙ってそれに0.7をかけよう。上の例の場合であれば、70%✕0.7=49%、切りのいいところで「1年のうちの50%ぐらい」を目標にしておくと、ちょうどよいのではないかと思う。

「目標を低くし過ぎじゃないか」と思う人がいるかもしれないが、目標は極力低めに設定しておいたほうが効果が出やすいと僕は思っている。もし軽々しく達成できるようであれば、そうなった時にまた新たな目標を設定すればよいのだ。達成不可能な目標は自信喪失に繋がる。逆に、小さな目標でも達成できれば自信がつく。目の前の壁は、低ければ低いほどよい。

新年なので、今年一年の目標を立てられた方も多いのではないでしょうか?
どうでしょう?その目標、無理ありませんか?

私も著者の「50%ぐらいの目標がちょうどいい」という考え方に賛成です。

目標が「たったひとつ」で、尚且つ、「空いた時間全てをそれに捧げることができる」のなら、70%でも良いと思います。
しかし実際は、急な残業が発生したり、飲み会が入ったり、無気力状態になっちゃったり。。
となると、時間を作るのって大分難しいですよね。

ましてや私みたいに目標がひとつじゃなくて2, 3個ある欲張りさんなら尚のこと。

達成できない目標を立てるぐらいなら、チョロすぎる目標を立てましょう♪

 

さて、いかがでしたでしょうか?

今年は本ブログ「あがくナマケモノ.net」、目標との兼ね合いで更新頻度は去年より落ちるかもしれません。

しかしその分、読んで下さる方にとって少しでも有益になることを書いていきたいと思うので、今年も「あがなま」をどうぞよろしくお願いします!

それではこの辺でー。

Posted from するぷろ for iPhone.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2013/01/07/curation-1231-0106-2013/trackback/