週次キュレーション(3/11〜3/17)

このエントリーをはてなブックマークに追加

curation-0311-0317-2013

photo credit: John&Fish via photopin cc

おはようございます!mati6166です!

気がつけば、3月も後半!2012年度ももう終わりますね。年度末でみなさん忙しい日々をお過ごしかと思います。かくいう私も最近ドタバタしてて、うまい具合に勉強時間が取れていません。。
ま、先週末で大分整えることができたので、今月の目標を達成できるように頑張りたいと思います!

それでは週次キュレーション始めます!

奮い立たせたり、安心させたり。ありがたい言葉たち。

「90歳が書いた50の人生訓」というのがなかなか良かった – 世界のニュース記事

26. 災難にあったと思ったらこう考えよう:「5年後に振り返ってみたら、これってそんなに大したことだろうか?」

Frame every so-called disaster with these words: “In five years, will this matter?”

35. あなたを殺さないものなら、それが何であろうとあなたを本当に強くしてくれる。【役に立たない経験は無い】

Whatever doesn’t kill you really does make you stronger.

引用元:対象のページ

書いている人は実は90歳じゃなくて56歳だそうです。ネットの海を彷徨う過程で、知らず知らずのうちにそうなってしまったとか。。

ただ、この言葉たち、とても良い言葉がいっぱいです!

特に好きな言葉を2つ引用しました。
はじめの言葉はすごく共感できる言葉です。

私は今から6年前、個人的にすごく大きな災難に会いました。
それで失ったものもいろいろあります。
ただそれが今になっても大きなことかというとそうでもありません。時間が傷を癒してくれたのと同時に、いろんな方に話すことで昇華されたという部分もあるんでしょう。

今ではその経験は確実に私の血肉となり、時には同じ過ちをしようとしている人に諭す力になり、時には同じ災難の兆候を敏感に感じとり、危険を回避する処世術になっています。
そう思うと、2つ目の言葉もとても説得力のある言葉だと思います。

雰囲気レベルだが分かる!

メジャーなプログラミング言語とそれらの役割を、素人でも分かるように教えてください。 – Knoh

プログラミングやったことある人なら楽しんで読める記事だと思います!
PHP、Java、Objective-Cと3つの言語を触ったことがあるので、雰囲気では分かりますw

確かにPHPは長く付き合う感じではないし、PHPに比べるとJavaはかなり口うるさいし、Objective-Cはー、、変な宗派と言われればそんな気がする。
ま、どの言語にしても習熟しているわけではないので雰囲気レベルでしか感じることができませんが…。
PHPはー、とか、Javaガー、とか、Objective-Cねー、とか言ってみたいですw

なんかBGMが欲しいときに。。

作業用BGMに新機軸。カフェにいるかのような雰囲気を感じられるサイト「Coffitivity」 : ライフハッカー[日本版]

アクセスするとカフェの店内にいるかのような雑音が流れてきます。静かな空間が苦手で少しがやがやした音が欲しいときに便利ですね。集中力を高めたいときなどに活用してください。

引用元:対象のページ

これ、実際に使ってます!
音量も調整できるので、「手元にある音楽は聞き飽きた」「でもラジオ流すと聞き入ってしまう」といった方にオススメです♪
(ただ何回も聞いていると、特定の方の笑い声が耳に残り、徐々にそれに気がいってしまうといったことがあったりなかったりw)

 

いかがでしたでしょうか?
それではこの辺でー。

Posted from するぷろ for iPhone.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2013/03/22/curation-0311-0317-2013/trackback/