【あうあうあー】迷走神経反射って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加


photo credit: saturnino.farandola via photopin cc

おはようございます!mati6166です。

もう終わっている方も多いと思いますが、みなさん健康診断はもう受けましたか?
健康診断に付きものの検査に「採血」があるかと思います。

みなさん、採血得意ですか??

私は正直、めちゃくちゃ苦手です。。
とは言いながらも、これまでの採血は「いやだなー」とは思いながらも 、なんとか無事にやり過ごしてきました。

しかし、今回の採血検査は無事に終えることができませんでした。。
そう、意識が遠のいてしまったのです。。
正にタイトル通り「あうあうあー」となってしまったのです。

ことの成り行き

社会人になってからこれまで、会社指定の同じ病院で健康診断を受けてきました。

しかし、今回から新しい病院での検査になり、診断を受けるまでの準備にも多少変更点がありました。その中でもしんどかった変更点は以下。

『午前中の診断は、前日の夜8時から絶飲食(但し、コップ1杯程度の水 or お茶はOK)』

診断は10時30分からだったので、かなりお腹が空いていました。。

これまでは、朝食を取る・取らないは自由だったので良かったのですが、「絶飲食」と言われちゃうとキツイものがありました。

そんな空腹の状態で最初に受けたのが採血。
腕をしばり、血管を出して、アルコール消毒をして、針を刺す。
小さい試験管(?)に3本分取るという旨を聞いて「え?3本も抜くん??」とちょっとした動揺。

血を抜かれる様をガン見するのはなんかマズイと思い、目線を逸らしたら、前の人の採血した試験管が目に入って、

「ぐわぁ、勘弁してくれよー。。それにしても抜かれた血って黒っぽくなるのな」とかなんとか、その時まではまだ平気でした。

1本目が終わり、2本目をセットする。2本目が終わって3本目に入る。その時らへんでした。

「なんか針を動かすたびに奥へ奥へ刺さっていってる気がする。。イヤやなぁ。…あ、…マズい、…なんだこれ、…気持ち悪い、…いやこれホンマにマズい、…どうしよぉー。。…うぅぅ」

足はひとりでに痙攣。目の前が黒い点でチカチカして、気がついたら車椅子を用意される始末。

「え?オレって今そんなにヤバい感じなん!?」と思いながら、でも自由が効かない自分の体に戸惑いながら車椅子に乗り、ベッドまで運ばれました。

なにが起こったんだ…

ベッドまで運ばれ、足を高くして20分程安静に寝ることになりました。

随時、血圧を計られましたが、とんでもなく低い数値だったことだけ覚えています。

なにがなんだか分からないまましばらく寝るとようやく落ち着き、その後、残りの検査を受けました。

どうも「迷走神経反射」という現象らしい

診断が終わり、お昼ご飯を食べて落ち着いてからWebで検索してみると、どうも「迷走神経反射」という現象らしいことが判明しました。

めいそうしんけいはんしゃ。強い痛みや精神的ショック、ストレスなどが原因で迷走神経が刺激された際、自律神経のバランスがくずれ、末梢の血管が拡張して血圧が下がり、脈拍が遅くなること。脳血流が低下して失神に至ることもある。 【症状】 徐脈、冷や汗、顔面蒼白、失神など 採血時に気分が悪化して倒れる人がいるが、これは採血による貧血が原因ではなく、迷走神経反射である。また、大量に飲酒した後、排尿すると、腹圧の急激な変化によって迷走神経反射が起こり、失神に至る場合がある。

引用元:看護用語辞典 ナースpedia

元々、血を見るのが大の苦手で、これまで血に関連することで結構しんどい思いをしてきました。
例えば…、、


・「踊る大捜査線 The Movie」第1作目の最後の方で、青島警部が犯人の母親(だったっけ?)に刺され、血がドバーッと出ているシーンをテレビで見て、自分の顔の血の気がドバーッと引いたこと
・高校の歴史の授業中、昔の処刑方法を喜々と語る先生の話を聞いて、想像力豊かなばっかりに、次第に気分が悪くなり鬱々とした気分になった。

結局のところ、採血によるストレスが大きくなってしまって自分でもコントロールできなくなってしまったんだと思います。

そしてどうもこの迷走神経反射、空腹や満腹時に起こりやすいのだとか。運悪くタイミングもばっちり合ってます。。

これからどう対処していけばいいんやろう。。


photo credit: miguelavg via photopin cc

さて、今回はじめて起こってしまったのですが、これからどうこの現象と向き合って行けば良いのでしょうか?

まず、これから採血時は、横になって採血をしてもらおうと思います。
「これまで採血で気分が悪くなったりしたことはありますか?」と、大抵聞いてくれるので、正直に事情を話していこうと思います。病院の方も途中で倒れられても困りますもんね。

予防法があればいいのですが、どうも予防は無理なんだそうです。過剰なストレスが引き金になっているので、落ち着けば大丈夫なのかもしれませんが、「落ち着いて」と言われて落ち着ければ苦労はしねーんですよw
気長に付き合っていくしかないですねー。

みなさんも無理はせず、採血が苦手な人は、横になって採血を受けることをオススメします!
私も来年はそうします!!

Posted from するぷろ for iPhone.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2013/06/15/meisousinkeihansya/trackback/