【体重】1年で10kg落としたアプリとその後変わった2つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medium 4918634521

photo credit: marfis75 via photopin cc

おはようございます!

去年、久しぶりに会った人にはかなりの高確率で「痩せた?」と聞かれました。
いやー、何度聞いても嬉しい言葉ですね!
そうなんです。2012年中頃から2013年末にかけて、約10kgのダイエットに成功しました。

約1年かけて10kg程度なので、結構健康的に痩せる事ができたのかなと思います。
おかげさまでリバウンドもなく体型をキープできている次第です。

そこで今日は、私が痩せる為に使ったiPhoneアプリと、ダイエット後変わった2つのことについて紹介したいと思います!

難しいことは何もない!とにかく計るだけだ!

私が今も愛用しているiPhoneアプリはコチラ!

カロリー管理(痩せるアプリ) 4.3.2(¥300)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
販売元: Soohyun Park – SooHyun Park(サイズ: 14.5 MB)
全てのバージョンの評価: (9,526件の評価)

ダイエット系のiPhoneアプリでは王道中の王道で、数々の実績をあげているアプリです。
このアプリでやっていることは2つ。

「毎日の体重・体脂肪を記録する」
ことと、
「食事した際のカロリーを入力する」
こと。

「体重・体脂肪」は、オムロンさんでおなじみの「カラダスキャン」で毎朝計っています。

アプリでは、現在の身長と体重を入力し、「○○月△△日までに□□kgにする」と目標を設定する箇所があるので、それを入力したら、目標に対して毎日これぐらいのカロリーで制限するようにといった目安のカロリーが表示されます。

例として私のアプリでの画面を晒しますが、私は1日で1990kcalまでなら摂取してもOKとなっています。
これに対して、朝、399kcalの食事を取りました。
なので残りは1591kcalです。

 

なにも難しい事はしていません。これだけです。

ただ、「1日の摂取カロリーを意識して記録していく」日々を続けていくと、、

こんな感じで体重が減っていくのが感じられるかと思います!
※10kg減ったときのスクリーンショットが見つからなかったのと、正月太りしてしまった結果が反映されてしまっているので、説得力ないかもしれませんが。。笑

まさに「継続は力なり」なんですな!

その後変わった2つのこと

その後変わったこととして以下の2つがあります!

① コンビニやスーパーに行っても、カロリー表記が気になるようになった!

毎日記録するようになればそりゃあ自然の成り行きかもしれませんが、カロリーが気になります。

昔なら全然気にせず食べていた菓子パンのカロリーを見て恐れ戦いたり、思っていたより低カロリーで「こりゃいい!」としばしば買うようになったものができたり、「カロリー」という切り口で食べ物を見る目が変わりました。

デニッシュパンこわいよ、デニッシュパン。。
茎わかめいいよ、茎わかめ!

② 今後は糖質が気になりだした!

最近、ある程度良い塩梅まで体重が落ちて油断しているからか、体重が全然落ちなくなっているのです。
そこで今気になっているのは「糖質」。
ほら、糖質制限ダイエットとか話題になっているじゃないですか!

「糖質を今より抑えれば落ちるかな」と思っている訳ですよ。

糖質を完全に絶つのはさすがにやり過ぎだと思うし、絶対続かないと思うのでしませんが、「抑える」ということについては結構前向きに考えていきたいと思います!

レコーディングダイエットあなたもトライしてみては?

今回紹介したようなダイエットって「レコーディングダイエット」って名前がちゃんとあるんですね!知らなかった。。

とにかく簡単なので、「ダイエット!」と意気込むより「ちょっと記録でもつけてみるか」といった軽い気持ちでトライしてみてはいかがでしょうか?

案外ハマってしまうかも…!?

 

【蛇足】栄養素情報を記録できるアプリがあるらしい!

食事de管理 2.1.1(無料)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, フード/ドリンク
販売元: mipple Inc. – mipple Inc.(サイズ: 42.5 MB)
全てのバージョンの評価: (11件の評価)

なんか栄養素まで入力できるらしいですよ、このアプリ!
まだインストールしただけなのでなんとも言えませんが、これで糖質制限できるかも!?なんて思ってみたりして!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード