【ブログ】下書きは、寝かせ続けると二度と日の目を見なくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medium 3983736496

photo credit: angelocesare via photopin cc

おはようございます!

昨日、何気なくはてなブックマークを見ていたら、とっても共感する記事を見つけました!

ブログは熱いうちに書け – まつたけのブログ
共感の嵐!!


ブログがすらすら書けるのは新規作成から!

以下の引用文に共感の嵐です!

時事ネタは鮮度が命。「腐った時事ネタ、犬でも食わぬ」ということわざもある(ない)。

しかし、特に鮮度が問題にもならなそうなブログネタ、たとえば僕の場合ならちょっとしたアイディアや考え事など、別にいつ書いても、いつ投稿しても問題なさそうなブログネタを、つい文章を書くめんどくささや億劫さ、怠け心に負けて「これはいつでもいいな」と判断し、後回しにしてしまうことがある。これは非常によくない。

読む人にとっては情報に鮮度が必要とされないようなネタであったとしても、やはり書き手の情熱やモチベーションにも鮮度があるのだ。そしてそれが一番新鮮で最高にうまい瞬間はいつかといえば、もちろんそのネタを思いついた瞬間である。

引用元:対象のページ

まさしく同感で、理想は「新規作成からそのまま一気に書き上げる」です。

以前は、ネタを思いついたらとりあえずタイトルだけでも下書きとして書くようにしていました。
一気にネタが5, 6個見つかった時は、「あぁ、これでしばらくはネタ不足問題からは解放されるな」と思っていたものです。

しかし、その時に書いた下書きから、最終的に記事としてあがったものはいくつあるのかというと、せいぜい1, 2個です。。
その1, 2個も下書きからの時間が空けば空くほど書きにくくなってしまいます。
それが「モチベーションの鮮度」「ネタの鮮度」ということなのでしょう。

寝かせた下書きに再び火を灯すのは結構なエネルギーがいる

さらに、タイトルの他に導入部分の記述や、添付したい画像、外部サイトのリンク等を貼った上で下書き保存したとしましょう。
言うなれば、燃やそうと思って火をつけたけど結局灯っていない炭です。

その下書きをもう一度燃やそうとするには、「その導入部分につながる記述」「添付した画像に関連した記述」「リンクを貼った外部サイトに関連する記述」といった材料を暗に使うことを強要されることになるのです。

しかもその時のモチベーションと、下書きを作った時のモチベーションは全然ちがうので、とても書きにくい。無理してテンションをあげて書いた文章はやはりどこかぎこちないものです。

私もこの「燃やし損ねた下書き」をどれだけ量産し、また、どれだけ闇に葬ったか。。

結論1:ネタのストックはすれども、下書きのストックはすべからず

「これについて記事を書こう」といったネタのストック自体はあっても良いと思います。
しかし、それは下書きという形で残すのではなく、違う形で、別に頭の中ででも良いと思います。
そうすれば、いつでも新規作成からはじめることができ、一定のモチベーションで、一定の流れで書ききる事ができます!

結論2:完璧な記事が書けなくてもそれでポストしてみるべし

一気に書ききるとは言いながらも、書いていて途中で「あぁ、なんか思っていた終わり方ができないなぁ。後でブラッシュアップできるように下書きしておくか」と思うことは多々あります。

しかし、そこで下書きとして保存するくらいなら、いっそ公開してしまった方がいいと思います。

下書きとして寝かせ続ける事のデメリットは再三書いていますが、根本的な話「自分の思っていた終わり方が正しいなんて分からない」

良いか悪いかを決めるのは読者です。
一回、公開してしまって、「反応があったらブラッシュアップ版を書いてみる」とした方が、記事数も増え、読者の反応も伺う事ができ、良い事だらけです。

私も、今年になって、ブログの更新は1時間と決めているので、明らかにそれ以上かかりそうな記事になってきたら、適当なところで着地点を探すようにしています。

至高の一本よりもライトな三本。

鮮度が落ちないうちに調理しちゃいましょう!

Small 2275622210

photo credit: liber via photopin cc

それにしても、今回は自分が日頃ぼやっと思っていたことを、明確に書いている記事に出会えて良かったです。

モチベーションとネタの鮮度が新鮮なうちに書かせてもらいました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード