NPOに特に関心がなかった私がD×Pと継続的に関わるようになった3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2014 02 12 5 31 48

引用元:公式HP

おはようございます!

自分のブログを何気なくパラパラっと見ていたら、こんな記事を見つけました。

《参考》【D×P】自分にとって「クレッシェンド」とは何だったのか?|あがくナマケモノ.net

NPO法人 D×Pさんとは、2012年からのお付き合いなのでもうすぐ2年になります。
正直、「まだ2年しか経ってないの!?」というのが感想です。それだけD×Pと出会い、関わり、プログラムに参加し、交流してきた時間が濃厚で充実していた証だと思います。

NPOに関わるだなんて、2011年の自分は夢にも思っていなかったはずですが。。
…そもそも「なぜD×Pに関わっているのか?」という問いが生まれてきました。

そこで、今回は、私がD×Pさんと出会ってからなぜ今まで関わりをもってきたのかを、自分のこれまでを振り返る意味を込めて書いてみたいと思います!

 

ちなみに、、
「D×P」ってなによ?という方はコチラをどうぞ!
・公式HP
http://www.dreampossibility.com/

①交遊範囲が広がるから

D×Pさんは、通信制高校をターゲットに、キャリア教育プログラムを提供しているNPO法人です。
そのプログラムの中でも「クレッシェンド」というプログラムで協力をさせてもらっていました。

クレッシェンドは、通信制高校に通っている生徒に対して、先輩にあたる大学生や社会人といった大人が継続的に交流することで、生徒の自己肯定感を高めるとともに視野を拡げてもらう、といった内容です。

2014年2月現在、このプログラムも6期を迎えているのですが、私は2期と4期に関わらせてもらいました。

D×Pに集まる人は、目的意識があって、自己開示をしてくれていて、建設的な話し合いができる方が多いです。(というかほぼそれ)

人間性は似ているけど、それぞれの本業が結構バラバラで面白いです。
(教師の方、NPOで勤務されている方、一般企業で働いている方、自営業の方、大学生の方 etc…)

それこそ、D×Pと関わっていなかったら出会えなかったであろう、人間的に魅力的なたくさんの方との出会いに恵まれました。

②My BusinessModel YOUに合致するから

slooProImg_20131210081440.jpg

《参考》来年以降、どう生きるのか?「Business Model YOU」を使って考えてみた。|あがくナマケモノ.net

私のBusinessModel YOUの中で、
「話し合うことで、自分の考えを持っている人と共感したい」といったことや、
「共感することで、素直な人を支えたい」といった部分があります。

これがD×Pの事業内容に合っているから自ずとつながりを持てているのかなと思います。
前者は、一緒にプログラムを作り上げていくスタッフの方・コンポーザーの方。
後者は、通信制高校に通っている高校生。

プログラムを通して、自分の失敗体験談や、今の身の回りの生活について、高校生にお話をします。それと同じぐらい高校生の声にも耳を傾けます。
話し合う・認め合うを通して、生徒もすこしずつ変化していきます。

その変化は、偏差値や点数といった分かりやすく目に見えるものではありませんが、その子にとっていいきっかけになっているようです。

③自己の成長に繋がるから

「成長」という言葉の定義を「(自分の)為になる経験の蓄積」に限定すると、D×Pと関わることでそれは得られます。

自分のこれまでを振り返る経験。
それを分かりやすく再構成する経験。
それを実際に人に伝える経験。
他の人のそれを聞く経験。
他の人の話を聞いてまた自分について振り返る経験。

もちろん「D×Pでないと得られない経験か?」と言われると、必ずしもそうとは言い切れませんが、普段改まってする機会がないとなかなかしないことなので、上記の活動は自分の為になると思います。

D×Pと関わるのは何もクレッシェンドだけではない

さて、今回は私がD×Pと継続的に関わるようになった理由をまとめてみました。

本当は毎回のプログラムに参加できればいいのですが、今は個人的な事情により、とても参加できる状況にないのが現状です。(仕事とか、仕事とか、仕事とか、、笑)

ですが、そんな状況でもD×Pに対して動けることがあります。
それはgoodoというサービス。

『NPO法人D×P(ディーピー)』に、あなたの「いいね!」や「シェア」だけで支援金を届けられます。 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ)
やることはクリックする。ただそんだけ。

正直、どんな仕組みをもってしたらこのサービスが成り立つのかというぐらい不思議なサービスなのですが、要はやることはページ先で「応援する!」ボタンをクリックするだけ。
クリックするとポイントが溜まり、そのポイントによっていくらかD×Pに支援金が届くというサービスです。
おみくじを引く感覚で気がついたらやるようにしています。

 

また、D×Pのプログラムに興味が出た!やってみたい!という方がいらっしゃったら、今週末に説明会を開くそうなので、一度足を運んでみるのもいいのではないでしょうか?

» 【募集中】D×Pコンポーザー募集説明会、開催します!2/16@高槻にて|NPO法人D×P

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2014/02/12/why_have_relation_dp/trackback/