【これで大丈夫!?】エーハイムの外部式フィルターを導入しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

今までブログには全く取り上げていなかったんですが、私の家には熱帯魚水槽があります。

45ℓくらいの水槽で、社会人1年目の冬に購入しました。

試行錯誤していく中で最近はそれなりに生体に適した飼育水になってきたと思うのですが、直近の悩みは「コケの発生が止まらない!」ということ。。

ちょっと、いや、かなり残念な状況です。

生物濾過が上手く機能していない??

コケはコケでも、緑の線のようなもの(アオミドロ)が大量発生している状況です。

こいつがとっても厄介!
取っても取っても発生します。。

アオミドロの発生原因は、光量過多も原因のひとつのようですが、富栄養化(飼育水内に余分な栄養が残っている状態)なのも大きな要因だそうです。

そういえば前々から濾過が追いついていないなぁと思っていたんですよね。

これまでのMy水槽の状況

私の水槽にセットしてあるフィルターと生体の数は以下の通りです。

【フィルター】
・外掛けフィルター
(水槽セットを買ったときについてたやつ)

【生体】
・カージナルテトラ 10匹
・ラミーノーズテトラ 8匹
・オトシンクルス 1匹

濾過能力がいちばん乏しいフィルターにしてはちょっと生体が多いかもしれません。
水換えも頻繁にできればいいのですが、週に1回が精一杯。
(ま、あまり頻繁にするのも、バクテリアの関係上、あんまりよろしくないですからね。)

そこで、一気に濾過能力をアップすべく導入したのが、今回の外部式フィルター!!
信頼のエーハイム製ですたい!

セットアップを終えた感想:休日出勤後にするもんやない!笑

中を空けた状態。
この時点で、かなり苦労する予感が。。

実際しました。。
パイプの長さを適切な長さに調整しないといえないのですが、パイプが太い!固い!!
疲れている状態ではなく、割と元気があるときにセットアップすることをお勧めします。笑

これでしばらく様子見です!

途中で水が吹き出したり、切ったパイプの長さが合ってなかったりとアクシデント続きでしたが、なんとか導入することができました!

併せて照明を当てる時間も少し減らして調整したいと思います。

これで生体も水草も元気に、水槽もキレイになってくれればいいのですが。
とりあえず様子見です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2014/03/10/aqualium_new_filter/trackback/