【読んだ】GIVE & GIVE & GIVE …& TAKE ぐらいがちょうど良い

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!

私の好きな言葉というか、価値観のひとつとして「ギブアンドテイク」という考え方があります。

これは当然みなさん知っての通り、「人から何か受けとったら何かお返しをする」という、ごく自然な振る舞いのことを言います。

しかし、世の中これが当たり前になされているかというと、そうではないですよね。

良かれと思ってしていた恩を仇で返され、まるで良い行いをしなければよかったと言わんばかりの仕打ちを受けた、なんて話、いくらでも溢れています。

私自身、そんなひどい想いをしたという経験はありませんが、外部からの情報でそのような話を聞くと、とても悲しくなります。

なぜ、良い人が馬鹿を見なければならないのか?

なぜ、平気で人を裏切る人が大きな顔をしていられるのか?

「善意」は否定されてしまう存在なのか?

そんな悶々とした気持ちの中、本著を見つけ、これは面白そうだ!と思い、さっそく読んでみました!

感想から言うと、「giveはどんどんするべきだ。でもgive & give & give & takeぐらいがちょうど良いかもね!」ということです。


ギバー・テイカー・マッチャーの三分類

本著では人の特徴を以下の三分類にしています。

 

「ギバー(与える人)」
…ギブアンドテイクの関係を相手の利益になるようにもっていき、受けとる以上に与えようとする人

「テイカー(受けとる人)」
…常に与えるより多くを受けとろうとする人

「マッチャー(バランスをとる人)」
…与えることと受けとることのバランスをとろうとする人

 

タイトルにもある通り、ビジネスの現場ではこれまでどちらかというとテイカーの方が成功を収めているかのように見えていたが、現代ではギバーの方が多く成功しているというのです。

SNS等のネットワークが当たり前のように存在する現代では、良い行いがスピード感をもって拡がりを見せ、その行いによってその人にさらに機会がもたらされ、評判を生み、さらに活躍の場を広げるといった好循環が起きやすい環境になっているのかもしれませんね。

成功するギバーは「自己犠牲」ではなく、「他者志向性」をもっている

「与える」という行為は一歩間違えると「自己犠牲」に傾きがちです。
自己犠牲は、自身の健康を犠牲にすることになります。
それではいけません。

成功するギバーは「他者志向性」をもっているというのです。

『「他者志向」になるということは、受けとるより多くを与えても、けっして自分の利益は見失わず、それを指針に、「いつ、どこで、どのように、誰に与えるか」を決めること』

と本著では書かれています。

他者への関心に、自己への関心がかなり結びつけば、ギバーは燃え尽きたりやけどしたりすることが少なくなり、成功しやすくなるんだそうです。

例えば、私はブログやランニングに興味があります。
ブログについては、もっと多くの人に読んでもらえるものにしたいと思っているし、ランニングについては、これからも継続したいし、新しくランニングをはじめる人のきっかけになれれば嬉しいなと思っています。

この場合、ブログやランニングに興味のある人に何かを与えることができれば良いということなんでしょうかね。

見返りを期待せず、無理のない範囲でGiveしよう!

うまくまとめきれていませんが、ギバーの特徴と、ギバーであることのメリットとデメリットがまとめられている本でした。

ギバーは基本的に、人はみな善人だという性善説から入る人が多いので、気をつけないと、テイカーやマッチャー以上に人に騙されたり、利用されたりしてしまうようです。

しかし、そんな危険性を抱えながらも、できるだけギバーでありたいと思うようになりました。
自分が率先して与えることで、まわりの人に良い影響を与えることができる。
そのまわりの人が、そのまたまわりの人に良い影響をおよぼす。そんな好循環が出来ていったら素敵だなと思うからです。

本著はビジネス書のくくりなのかもしれませんが、仕事に限らず、生き方を考える際の良い材料にもなる本だと思いました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード