何度でも書き直せる電子メモパッド「Boogie Board」がiPadよりも優れている3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

前にヨドバシカメラで見つけたけどスルーしていた商品で、どうしても気になったので、今日「えいや!」で購入したものをご紹介します。

「Boogie Board」という何回でも書ける電子メモパッドです。

やれることは「書いて、消す」ただそれだけです。

ただし、それだけに使用用途を限定したおかげで、「書いて、消す」ことのみに関して言えば、とても優れており、個人的には「iPad + スタイラスペン」より、よっぽど良いと感じています。

そこで、今日は「Boogie Board」が「iPad + スタイラスペン」より優れていると思う点を3つご紹介したいと思います!

魅力その①:書きごこちの良さ

iPadやiPhone用のスタイラスペンって、どうしても先端が丸っこいですよね。

私もiPad対応のスタイラスペンは持っていますが、全然物を書いている気分になれません。
さらには、液晶部に、ペン以外の指等が触れてしまうと、変に認識してしまい誤動作をし、そっちに気がいってしまって結局オレ何がしたいんだっけ状態になってしまった記憶があります。

その点「Boogie Board」は、対応のスタイラスペンが本物のペンと同じような細さです。
爪をたてるとさすがに認識して跡がつきますが、書いているときに自然に触れる他の指を認識して跡がつくことがなく、書くことに集中できます。

そういう意味では、紙に書くイメージそのままにモノが書けるので良いです!

魅力その②:起動・削除の早さ

iPadで手書きメモを取ろうとすると、「アプリを立ち上げる」というワンクッションが必要ですが、当然、Boogie Boardは、そんなワンクッション必要ありません。

電源もそもそもありません。(削除機能用の電池は必要ですが)
思いついたらサッと取り出し、ただ書くだけ。手軽です。

ちなみに、書いたものを削除するためには、ボード上のボタンをポチッとするだけで、

パッとキレイに消えます。

製品説明では、約5万回削除でき、且つ電池交換もできるので、「サッと書いてパッと消す」という行為はほぼ完全に保証されていると言えます。

魅力その③:片手で楽々の軽さ

これを比べちゃうのは酷ですが、iPadはmini〜airまで約300〜650gあります。
BoogieBoardは約200g。軽いです。

上のように指にはさんでも全然負担感を感じません。

イラストの練習やアイデア出し etc… に使える!

とにかくその書きごこちが魅力的です!

簡単なメモや、イラストの練習、アイデア出しに最適だと思いました!

手書きのアウトプットが増えそうな製品でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

コメントフィード

トラックバック URL: http://aganama.net/blog/2014/04/29/boogie_board/trackback/